出会い系でセフレ募集

人をバカにしないと自分が保てないアイデンティティーと言うものがある。見上げると他人より自分が劣っていることに対して感じる強いコンプレックスがストレスになるため、敢えて見下げることばかりやっている人たちだ。他人に対して、常に自分より劣っているところを探して優越感に浸るのである。
「それはわかっているんだけどね」と出会い系でセフレ募集していたナツコさんが言った。彼女もまたそのカテゴリの人間なのだ。
ナツコさんが出会い系に出入りを始めたのは、見下したい人間を見つけるためだ。実社会では到底自分には及ばない人間ばかりで、ナツコさんはもう現世で生きていくには限界だった。コンプレックスによるストレスが一定値を超えたナツコさんは、救いを求めて出会い系に登録したのだ。
出会い系でセフレの作り方を学んだアラサー童貞の僕にも2人のセフレ
ナツコさんも最初は純粋にセフレ募集をしていた。生きていて苦しい自分を抱擁してくれる優しい男性を求めたのである。しかし、程なくそれが過度の期待だったことを知る。集ってくるのは、ただ女とやりたいだけのバカな男たちばかりだったからだ。
しかし、本来なら幻滅するところを、ナツコさんは逆にそれが面白くなってきた。やれそうな女がいたらだらしなく鼻の下を伸ばす、かわいそうな報われない男たちを見下すようになったのだ。自分より下の存在を見つければコンプレックスは解消される。その対象が出会い系にいる男たちだったのだ。
こうして、ナツコさんは自分に言い寄ってくる男たちに対して「わたしを抱きたいだなんて、こいつらバカ」と思い始めた。そして、それが次第に快感になっていって、出会い系でセフレ募集している風を装いつつ、会えそうなにおいを漂わせてDMの向こうで必死こいている男を内心は笑い続けていたのだ。
そんなナツコさんと僕は今ではセフレだ。会える詐欺を繰り返して悦に浸っていた彼女の本心を見抜いた僕が、それを指摘したのだ。「そんなことはない」と言うナツコさんの意地を逆利用して、僕は彼女と会ってセフレへと漕ぎつけたのである。
「わたしのこと見下していいよ」と言うナツコさんは実はいじらしい女性なのである。本心ではこんな風に歪んだ自分を救ってくれる男性を待っていたことは容易にわかるのだから。
出会い系でのセフレの作り方
セフレを出会い系で探す

乳首舐め

この間、乳首舐めしてた時に、つい思い余って乳首かじっちゃったんだよ。
そしたら、血が出てきちゃって・・・。
彼女は乳首舐めで感じてたらしくて、痛みはあんまり感じてなかったみたいなんだけど、さすがに血が出ちゃってるから、俺も「ごめん、かじっちゃった」って謝ったの。
そんなに強く噛んだつもりはないんだけど、じわじわと乳首に血がにじんでて、拭きとっても次から次に血がにじみ出てきちゃう。
このままだと、ベッド汚しちゃうし・・・ラブホでシーツに血を付けるなんて、ちょっと俺的にもどうかと思ってさ。
乳首舐めしてる時って、つい、アマガミしたくなるんだよ・・・だって、噛みやすい感じで突起物があるし・・・。
乳首舐め
それに彼女も感じてるみたいだから、つい強めの刺激を与えたくなるのだよね。
そのままエッチは止めて、お風呂場でイチャイチャしようか?って提案したんだけど・・・
彼女、おもむろに起き上がって、ティッシュを一枚血の出てるところに当てて、それから、ブラジャーつけた!
「シーツ汚さないようにブラジャーつけておくね」って。
ええと、なんか、視覚的にそれはそれでエロい・・・ブラしかつけてない女体・・・。
靴下だけしか履いてない女体もいいけど、ブラしかつけてないのもなかなかいいよ・・・。
「胸は今日は触っちゃダメだよ」って言われたら、余計に触りたくなっちゃって・・ブラの上からモミモミしちゃった。
痛いかと思ったら、全然痛みはないらしい。
そのまま普通に合体して終わったけど、後で風呂場でシャワー浴びてる時には、乳首の血はもう止まってたみたい。
乳腺開発
乳首責め