独身女性22歳大学生のバイト先体験談

尊敬できるバイト先の先輩がいつからか、セフレになりました。
きっかけは本当に些細なことだったと思います。
それまでにもなんとなく、クローズ後に一緒に帰ったり、休憩中は他愛もない話をしたり、バイト前に近くのお店でお茶したり。
大学生になって、はじめてセフレ 出会いできました。
3つ上の先輩なのでとっても大人に感じましたし、学校が違うのでお互いの学校にこっそり侵入したりもよくしました。
私たちはどちらも1人暮らしをしてたので、よくお互いの家を行ったり来たりしました。
大概は私が先輩の家に行くことが多かったのですが、はじめての男の人の家はすごく新鮮で、私も大人になったな~としみじみと思っていました。
付き合って2カ月目にキスをして、その流れではじめて一緒になりました。
まわりの子には、そんなに奥手でいいことはない!といわれたけれど、これでも私には急展開に思えたほどです。
バイトも相変わらず一緒に行って、どちらかが休みの日には終わる時間にむかえに行く生活をしていました。
あっという間に先輩との1年は過ぎて、先輩はそのまま社会人になり、地元の公務員になるといって四国の方へ帰ることになってしまいました。
卒業したら必ず四国へ行く!と宣言していたけれど、やはり会わない時間が長くなるとダメみたいで、自然消滅になってしまいました。
今では誕生日にはフェイスブックでメッセージを送るレベルです。
あれから2年が経って、新しいセフレもできました。
先輩は奥さんと1人のお子さんに恵まれて幸せそうです。

独身女性22歳OLの出会い系体験談

長く付き合ってる彼氏がいて、将来結婚も視野に入れます。
でも、ある日、興味本位で見つけた出会い系サイト。
そこでセフレ探しをしていた男性と仲良くなりました。
彼氏は仕事も役職就き、優しくて、結婚するには申し分ないのですが、セックスのこととなると、あまり満足していません。
結婚は心の絆重視と思ってはいても、正直満たされてない思いもあって、出会い系サイトでセフレを見つけました。
セフレだけに、お互いの要求は重々承知済み。
ただセックスに没頭する関係です。
彼氏と付き合う前は、自分で言うのも何ですが、男性経験は人並み以上で、ぶっちゃけセックス大好き。
彼氏のことは大好きで、セックスも一緒に楽しみたいのが本音です。
でも、彼は仕事が忙しいせいもあって、あまり乗る気になってくれません。
セックスは、我を忘れて大胆に振舞える、自分にとっては大切な時間だっただけに、セフレとの時間はかなり重要な時間になっています。
セフレとは週に1回だけ会ってます。
それでも相当我慢して週1です。だって、彼氏に後ろめたい気持ちも少しはあるので。
彼にとっては、私がセフレですが、ホテル代はいつも彼が出してくれてます。
そういう紳士的なところも、現在のセフレにはまってる原因のひとつかもしれません。
彼も独身だけど、彼女がいて、私のように彼女とのセックスに満足していないらしく、私とは相性がいいと、いつも喜んでくれてます。
週1だけなので、お互い心行くまで楽しんでます。